http://sakakiharuki.com/w

0100_植物(アイウエオ順) 0101__パプリカ栽培

【2022年度版】大きくしすぎ?水耕栽培-超入門-『パプリカ』の育て方

更新日:

その『カラフルな色彩』からカラーピーマンとも呼ばれる『パプリカ』。

ピーマンに比べ甘みがあり苦味が少ないのも特徴です。

また、そのカラフルさゆえ鑑賞用として好まれ『ベランダ菜園』の中でも、とても人気がある野菜です。

『パプリカ』は普通の『ピーマン』と比べ、生育期間が長く、株が大きくなるなど、栽培が難しいといわれています。

22_0717_撮影_パプリカ (スーパーで買った)パプリカのタネから育てた現在の様子、左下写真は発芽時の様子(22_0417撮影)

ということは『栽培』には大きな鉢(プランタ)で大量の『培養土』を必要とします。

そこで『水耕栽培(ロックウールポットを使った固形培地栽培)』で育成することで、重たく衛生的とはいえない土(培養土)を一切『ベランダ』に持ち込む必要なく栽培できます。

しかも、この『ロックウールブロック』、非常に軽量であるだけでなく、リサイクルで何度も再利用できます!

<10cm角 大型ロックウールブロック>なんとハサミ1本分の軽さ!

 

<ロックウール吸水後>吸水させました。何と912g!、たった一個で500mlのペットボトル1.5個分の水分を吸収できます!

そんな『お手軽』『清潔』かつ『おしゃれ』に『パプリカ』を栽培してみませんか?

ちなみに、今年もベランダ菜園の一環として『水耕栽培』で『パプリカ』『スーパーで買って食べた、その種』から育てています!

しかも今年は

「大型ロックウールブロックを複数個使った栽培」
(水耕栽培_2022年度モデル)

なので、想像を絶する大きさに生長しています!
(株の高さ、なんと50cm超!)

22_0720_撮影_パプリカ弐号株 10cm角ロックウールブロックを2段重ねしています

そこで今回このページでは

新定版にして最も管理が簡単な水耕栽培の、いち手法

「大型ロックウールブロックを複数個使った栽培」

-超入門-『パプリカ』の育て方-ということで

ここまでの振り返りを実施したいと思います。

下記記事でもこのページの内容を一部、紹介しています(記事、写真は4月に執筆したため、当時までのもの)

【超簡単】4月に『種まき』できる『野菜』を紹介!今すぐ始められる!『スマ水耕栽培』とは?

7月末現在、結実まで生長しましたので写真付きで改めて紹介します!

※9月18日、実がだいぶ熟してきたので写真、文書を追記しました。

22_0917_撮影_TOPの写真のパプリカ_全体(初号株)
高さ60cm超!

1.種蒔き

22_0327_撮影_パプリカ種蒔き

-1.「パプリカ」4分割して種を取り出します
(今回は「マヨネーズ焼き」を作って食べたので、4分割にしました。種さえとりだせればいいので、特に切り方はこだわる必要はありません)

-2.『ロックウールブロック』をタッパの中に6個並べ(180mlの場合)水をひたひたになる程度入れます

-3.種が重ならないよう、ばらまきします。『パプリカ』の種は非常に少ないです

ちなみにこれで、この「パプリカ」一個分です!(13粒!)

-4.タッパの蓋をし、押し入れやクローゼットなどの暗所で管理します

2.鉢上げ

22_0407_撮影_パプリカ発芽 今年は約10日掛かりました

-1.発芽したら、まずは、おめでとうございます!生長して根がロックウールブロック(小)に刺さっていたら、無理に引き抜かず、根を切らない様、注意してひとつづつばらしてください

-2.『ロックウールブロック』大(または中)の中央の穴を苗がラクに入る大きさに広げ植え付けます

22_0827_撮影_パプリカ 参号株と四号株。ちなみに『ロックウールブロック』はリサイクル品を使用。そう、『ロックウールブロック』はリサイクルも簡単にできます!

-3.『パプリカ』の場合受け皿からの『底面吸水』でも問題ありません。常に受け皿の水を切らさない程度に水やりしてください

-4.一日3時間以上直射日光が当たるところに置いてください

3.本葉がでてきたら

<22_0522_撮影_パプリカ 弐号株> ロックウールブロックは10cm角ですが、まだ一段です!

・水を水耕栽培用液肥「ハイポネックス6.5-6-19の1000倍希釈液」に変えてください。

液肥に変えると表面にアオコが発生します。

これを防ぐため、この写真では『黒板』と呼ばれる遮光の板を2枚乗せています。
(黒板の作り方については、また後日・・・)

4.その後の管理など

22_0621_撮影_今年は天候不順だったので、途中までLEDで育てていました(初号株のみ)

『ロックウールブロック』の下から根がでてきたら(というより出る前の方がよいようです)2段重ねにしてください。

『パプリカ』は大きく株が生長しますので、下の段は10cm角が必須です。

今年の『パプリカ』は巨大に生長したため、針金で簡易スタンドを付けています

『ロックウールブロック』リサイクル

[ リサイクルのやり方 ]

1.前の野菜の栽培が終わったら(枯らせて失敗した場合も)完全に乾燥させます
2.2連の場合は、ひねってあげると、ちぎれます。
3.目に見える範囲で根を取り除きます。
・・・たったこれだけで『リサイクル』できます!

「必要なもの」をそろえよう!

今回この

『大型ロックウールブロック複数個による栽培(スマート水耕栽培)』

『パプリカ』を育てるのに必要なものは、下記のとおりです。

もちろん、この栽培方法は「スーパーで買った『スイカ』『カボチャ』『メロン』でも、そのまま応用できます!

ちなみに「枝豆」は大豆の若どり種なので無理です。

[ 準備するもの ]

1.種(スーパーでフツーの『食用』のものを購入)
2.小型タッパー180ml(百均セリアで購入可能)
3.ロックウールブロック(3x3x3)
4.ロックウールブロック(10x10x10)or (7.5×7.5×7.5)
5.水耕栽培用ハイポネックス(6.5-6-19)

※上記たった5アイテムを集めて始められる。

かつ何の熟練も特別な作業も必要なし・・・

それが新世代水耕栽培『スマート水耕栽培(大型ロックウールブロック複数個による栽培)』です!

↓ 必要なもの一覧 [ 準備するもの ] 1~5を選んでください!

[オールインワン素材紹介]

1.パプリカの種(スーパーでフツーの『食用』のものを購入)

食べたい「パプリカ」をスーパー等で購入してください。
もちろん、購入したパプリカは、『種』だけとって、美味しくいただいてくださいね。

2.小型タッパー180ml(百均セリア等で購入可能)

イノマタ化学 楽ちんパック角型180ml 3個組 4905596184058 保存容器 シール容器 キッチン レンジOK

価格:120円
(2022/3/21 17:06時点)
感想(0件)

3.ロックウールブロック(3x3x3)
『スマート水耕栽培』
という以前に『水耕栽培』でも必須アイテムです。
残念ながら、あまり世間一般に普及しておらず「園芸用品が何でもある」はずの
大型ホームセンターの園芸コーナーでさえ扱いのないお店もあります。

ロックウールブロック60P ミネラル豊富な植物用培地(30mm角×60個) 簡単 水耕栽培 もちろん土栽培にもOK 【あす楽】

価格:669円
(2019/6/2 14:39時点)
感想(0件)


4.ロックウールブロック(10x10x10)or (7.5×7.5×7.5)
鉢上げ用の大型版です。こちらも残念ながら、なかなか入手困難です。

今回の『パプリカ栽培』では、
・初号株・・・7.5+10
・弐号株・・・10+10
の2段重ねで使用しています

ロックウール ポット75 4P 関東当日便

価格:551円
(2022/3/12 13:53時点)
感想(1件)

4952354130017 ヤマト ロックウールポット100 3P 大和プラスチック ロックウール栽培マット ヤマトプラ販 ミネラル豊富 水耕栽培 植物用 土栽培 培地 簡単

価格:403円
(2022/3/12 13:57時点)
感想(0件)

5.水耕栽培用ハイポネックス(6.5-6-19)
肥料がないと植物は大きく育ちません。本葉がでてきてから、大活躍します!

これも水耕栽培必須アイテムです。
この『水耕栽培用ハイポネックス』も、あまり出回っていないようです。

『水耕栽培』なら、この液肥だけで十分です。
(逆に他の肥料は『水耕栽培用』に向いていません)

微粉ハイポネックス 500g【肥料】【速効】【水耕栽培】【ハイポネックス】

価格:1,230円
(2021/3/17 15:23時点)
感想(0件)

リンク集

-0100_植物(アイウエオ順), 0101__パプリカ栽培

Copyright© 好きこそものの上手なれ! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.